今人気のビジネスといえば民泊!代行業者に任せれば楽に管理できる

連帯保証人不要の賃貸借

男の人

第三者として保証人になる

近年、不動産仲介でよく「連帯保証人不要」という文句を見かけますが、これは借り手が連帯保証人を見つけることができなくても、賃貸物件を貸してくれるということを意味しているわけではありません。じっさいには、仲介業者が指定する家賃保証会社と契約すれば、賃貸借契約を結ぶことができます、という意味です。家賃保証会社とは、借主のために第三者として連帯保証人になることをビジネスとしている会社のことで、一定の手数料を支払えば、借主の債務不履行を代位弁済してくれますが、当然のことながら立て替えた金額は後で借主に請求されます。また、一度家賃滞納を起こしてしまうと、家賃保証会社のブラックリストに登録され、次の賃貸借契約では利用できなくなるケースもあるため、注意が必要です。

貸主にも借主にもメリット

借主にとってのメリットは、何と言っても連帯保証人を親族などに頼む必要がなくなるという点です。連帯保証人に課される義務は非常に重く、頼むほうも頼みづらいという現実がありますが、年間数万円程度の手数料で連帯保証人になってくれる家賃保証会社の存在は、そんな借り手のニーズを満たす役割があります。また、家賃保証会社は貸主にとっても、家賃滞納があっても代位弁済を保証してくれるという意味で大きなメリットがあります。また、賃貸物件を経営するオーナーの方でも、家賃保証サービスを利用することはできます。たとえば家賃滞納者が発生した場合、オーナーは収入が減ってしまいますが、それを保証してくれるのがこのようなサービスです。